脂肪を排出するならゼニカル

脂肪排出に効果のあるゼニカル(医薬品)も人気

炭水化物の吸収を抑制してくれるフェーズ2とは違い、肉等に多く含まれる脂肪の吸収を抑制してくれる医薬品にゼニカルというものがあります。

ゼニカルは、2000年頃に使用されるようになり、当時で既に800万人以上が使用しているという実績のあるダイエットビルです。

脂肪を排出するメカニズムは、フェーズ2と同じようなもので、ゼニカルの場合は、「オルリスタット」という成分が脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ」の働きを抑制する事で、意図的に脂肪の消化不良を引き起こします。

消化酵素の働きが抑制されているので、分解され無かった脂肪分は、そのまま腸から体内に吸収されることなく便となって排出されてしまいます。

その分のカロリーを吸収しなくて済むので太りにくいということです。

また、ゼニカルの成分自体も体内にほとんど吸収されることが無いということがわかっているので、安全性の高さも利用者の安心に繋がっています。

ただし、ゼニカルの副作用として、油分を含んだ便、または、オナラの時に油が出てしまうなどで、大変な思いをしている人も少なくないようです。

もしも肥満の原因を考えたとき、脂肪の摂取の割合が大きいというのならゼニカルを使用してみるのも良いと思います。なお、ゼニカルは、日本の厚生労働省に認可されている薬では無いので、購入する場合は、海外からの個人輸入となります。

こうした薬の個人輸入は、薬事法で認められているので特に問題ありませんし、日本語サイトを経由して購入出来るので、国内で通販するのと特に変わりはありません。