白インゲンダイエットの科学的根拠

白インゲン豆のファセオラミンの科学的根拠

1985年に報告された基礎研究の結果ですが、白インゲン豆抽出成分がαアミラーゼの活性を阻害するということが確認されました。

具体的には、1分間あたり5mlの速度で投与すると、αアミラーゼの活性が94.0%~99.0%以上という高い確率で阻害されたのです。

この研究により、炭水化物の吸収を抑制する有効性ががはっきりしました。
更に、翌年1986年には、健康的な人と糖尿病を患っている人を対象として、50gのデンプンを摂取させた場合にどうなるのかという研究が実施されました。

結果は、白インゲン豆抽出物を投与したグループでは、投与しないグループと比較して、食後の過血糖(血糖値が上昇し過ぎてしまう状態)やインスリンの分泌が有効に抑制されたという報告があります。

これらの研究結果からも白インゲンに含まれる成分であるファセオラミンは、炭水化物の吸収抑制に効果的であり、ただダイエットに効果的なだけではなく、糖尿病を患っている場合等にも有効な成分であるという事がうなずけます。

ダイエットに有効として販売されているサプリメントには様々なものがありますが、それらの多くは、実際にどのくらい効果があるのかというのは明確にされる事もなく、研究等もあまり行われていません。

その点、白インゲン豆抽出成分そのものの効果がこうした臨床試験等により明確となっていますので、それを含んでいるフェーズ2の有効性は、白インゲン豆によるダイエットそのものの有効性と判断する事ができます。

ダイエット効果、血糖値の上昇を緩やかにする事のできるサプリメントと、効果があるかもしれない程度のサプリメントを比較した場合、どちらが、有効かというのは一目瞭然です。