糖尿病で食事制限がある場合にも

食べ過ぎてしまった時の高血糖抑制へ

フェーズ2は、インスリン分泌低下による高血糖を防ぐという活用方法もあります。

健康的な身体の人では、食事によって炭水化物が糖へと分解されて吸収されると血糖値が上がりますが、それと同時に、膵臓からインスリンが必要な量だけ分泌されます。
この働きにより、血糖を抑制して血糖値を下げる事ができます。

ですが、糖尿病になってしまうと、膵臓からインスリンがゆっくりとしか分泌されないので、血液中の糖分が処理されず血糖値が急激に上昇してしまいます。
このような状態が長く続くと、身体の様々な支障をもたらすので良い状態ではありません。

こうした糖尿病に対しても、フェーズ2の成分である「ファセオラミン」の有効性が確認されています。

食前にフェーズ2を服用しておけば、炭水化物の吸収を抑えられるので、血糖値の急上昇を防ぐことが出来るようになるのです。しかも、血糖値の上昇が抑制されることで、インスリンの分泌量も穏やかとなり、脂肪蓄積の抑制にも繋がっていきます。

糖尿病の場合、まずは、フェーズ2を利用しても良いか主治医に相談した方が良いと思いますが、フェーズ2は、健康上のデメリットとなるような副作用はありませんので、利用に待ったがかかる心配も無いように思います。

今現在糖尿病ではないという場合も、毎年の健康診断の数値が悪化しているなどあれば、予備群に入っている可能性がありますので、そういった場合の対策の一環としてフェーズ2の活用を考えてみても良いのではないでしょうか。